平成29年度「ダイバーシティマネジメント研修会」開催しました

2017-06-28

本学幹部教職員を対象とする学内研修会を、平成29年6月26日(月)甲府キャンパス(医学部キャンパスはTV配信中継)にて開催しました。

 ※女性活躍推進法にかかわる本学行動計画に基づき、内閣府「男女共同参画週間」(毎年6/23~6/29)期間中の、本学の取り組みのひとつとして実施しました。

山梨労働局 雇用環境・均等室 石山玲子室長をお招きし「男女とも働きやすい雇用環境の実現に向けて~個性と能力を十分に発揮できる環境を整えるには~」と題して、女性活躍推進法および女性労働者を取り巻く状況などを中心にお話しいただきました。


 

 

 

山梨労働局 雇用環境・均等室 石山室長

女性の年齢階級別就業率を示すM字カーブとその背景や、国内企業の女性役職者率がアジア諸国に比べて低い水準にあることなどを挙げ、「女性の活躍の壁」を示す諸統計に基づくデータなどを用いて、わかりやすく解説いただきました。

 

 

 

 

 

 

両キャンパスあわせて37名の教職員が参加しました。研修会後に行った参加者へのアンケートでは、「個々人の意識付けも大切だと感じた」「より、職場として意識改革が必要である」などご意見をいただきました。

 

最後に、風間ふたば当室長が、今回の研修内容を踏まえた大学全体の役割と、それに伴う当室の活動について話され閉会となりました。

働きやすい環境整備を進めるためには、長時間労働および性別役割分担意識の是正などが重要な課題であり、働き方改革の実現に向けて、根底にある問題を少しずつ改善しながら、今後も大学全体で取り組む必要があると感じました。