H29年度 山梨大学男女共同参画学術研究奨励賞表彰式及び男女共同参画講演会を開催しました

2017-10-16

平成29年10月11日(水)甲府キャンパス(医学部キャンパスTV中継配信)において、平成29年度山梨大学「男女共同参画学術研究奨励賞表彰式及び男女共同参画講演会」を開催しました。

今年度の優秀賞には発生工学研究センター 若山清香特任助教(研究テーマ:マイクロマニピュレーターを用いて、高度な体細胞クローン技術および顕微授精技術などの開発を行い、生殖生物学に関するさまざま研究)奨励賞には医学部免疫学講座 石丸かよ子特任助教(研究テーマ:体内時計とアレルギー(概日時計によるIL-33/ST2を介したマスト細胞応答の時間的制御))が選ばれ、選考委員長である島田眞路学長より激励の言葉と、賞状・目録が授与されました。

 左)若山清香先生 右)石丸かよ子先生 
  
この賞は、優れた研究成果を挙げた本学の女性研究者を顕彰することにより、研究者の研究意欲の増進を図り、将来の学術研究を担う優秀な女性研究者の育成及びこれによる男女共同参画を促進することを目的としています。「優秀賞」「奨励賞」二種類からなり、学域長等から推薦のあった候補者の中から、選考委員会が上記2名を決定しました。
 島田眞路学長


会場には、両研究室の教職員と学生がお祝いに駆け付けました
(*)/゚・:*【祝】*:・゚\(*)
   医学部キャンパスの様子

引き継き、男女共同参画講演会として、稲葉カヨ 京都大学理事・副学長(男女共同参画・国際・広報担当))より「男女共同参画推進の現状と課題~京都大学での女性研究者支援を通じて~」と題し、世界から見た日本の男女共同参画(Gender Equality)の現状と京都大学の取り組みについて、ご講演をいただきました。
  稲葉カヨ氏

 甲府キャンパスの様子

最後に、風間ふたば男女共同参画推進室長より、論文発表数など世界における日本人女性研究者の活躍が示され、今回表彰されたお二人を激励し閉会となりました。

島田学長、若山特任助教、石丸特任助教、稲葉カヨ 京都大学理事・副学長、風間ふたば男女共同参画推進室長

 受賞者お二人の、更なる発展とご活躍をお祈りします。
また、ご講演いただきました稲葉カヨ先生、ならびにご協力いただいた関係者の皆さま、
                                                                                                  どうもありがとうございました。