支援室について

山梨大学女性研究者支援室は、平成24年10月1日に開室しました。

本支援室は、様々なライフステージにある女性研究者へのオンデマンド型支援と併せ、本学の若い女性研究者が漠然と抱いている将来への不安感を取り除き、裾野の拡大が可能な雰囲気の醸成と、それを強力に維持・推進する仕組みを作り上げることを目的としています。

本支援室の活動は、甲府キャンパスに設置されている教育人間科学部、工学部、生命環境学部並びに関連センターに勤務する女性研究者を対象とした支援をはじめ、外国人留学生を含む学内の女子学生への応援メッセージの発信も実施していきます。

組織概要図(pdf)

室長からのコメント

小さな女性研究者支援室ができました。この支援室では学内の女性研究者の支援のほか、女性研究者の卵たちである女子学生を応援することも大きな使命と考えています。 「こんな企画がほしい」「こうなったらいいのに」、といった皆さんの要望をお寄せください。 爽やかで心温まる風を起こしながら、相互支援の輪が学内に大きく広がることを願い、スタッフ一同張り切って仕事を始めています。

室長 風間 ふたば(生命環境学部
副室長 高橋 智子(生命環境学部
室員 下間康之(理事(総務・労務・情報管理担当)、男女共同参画推進本部員)
鳥養 映子(工学部) 平井 貴美代(教育人間科学部)
コーディネーター 稲垣 意地子
コーディネーター補佐 中嶌 瑞穂 小林 史緒