42.事務職員 帯刀久惠さん×小林有佳さん(続き)

2014-09-15

今月のCoの花さん9月号(Part2

  「今月のCoの花さん」は、出産・育児・介護といったライフイベントと研究活動を両立してきた諸先輩方や、研究者としてのロールモデルをご紹介するコーナーです。

  前回に引き続き、梨大“縁の下の力持ち”事務職員さんのご紹介です

 ご結婚されている女性お二人の「ワークライフバランス」をランチしながら伺いました。

◎帯刀久惠さんのご紹介◎

 H199月 山梨大学教育人間科学部支援課に一般職員として採用

 204月 山梨大学企画・評価課へ配属

 239月末~H253月末 制度を利用し産前産後休暇・育児休業を取得

 H254月 企画・評価課に復職

 H264月 教務課総務・教務グループへ配属

 ・・・現在ご主人・2歳の息子さんと3人暮らし

  

◎小林有佳さんのご紹介◎

 大学卒業後、県内企業へ入社

 結婚を機に退職

 1年間家庭に専念するも、社会復帰を考え

 264月 山梨大学総務・広報課 総務グループ一般職員として採用

 ・・・現在ご主人と2人暮らし

 

前回は、業務内容や産休育休制度について伺いましたが、今回は、平日の家事のコツや、休日の過ごし方・リフレッシュ方法を聞いてみました♪

 Q:仕事後はお疲れですよね。帰宅後そこから家事するの?育児も?

お二人:もちろん!夕ご飯作りますよ~!お腹空かせて待っている家族がいますからネ。笑

あはは、そーですよね (私もです!(`・ω´)キリッ

Q:忙しい平日はどんな料理を作るんですか?短時間で食事を出せるコツってあります?

久:子どもが好きな卵料理が多いかな。 あとは短時間でパパっと作れる炒め物系ですね。時間がある時は「牛すじの煮込み」を作ります、得意ですよ!

有:私は週末に何品か作り置きし、冷凍庫でストックしています。便利ですよ。平日は主にストック分を解凍したり、それをひと手間調理して食べています。あっ、これは冷凍できないですが、肉じゃがをよく作りますね。まだレパートリーが少ないので、これからもっと増やしていきたいです♪

 「牛すじの煮込み」美味しそうですね、今度レシピを教えて下さい♪「冷凍ストック」は時短方法として便利ですよね。私もあらゆる食材で活用しています。

Q:料理はお二人の担当のようですが、家事は分担ですか?

久:料理はちょっと難しいようなので私が作りますが、食器洗いと洗濯物干しは夫がやります。疲れて帰ってくる時は大変そうですが、頑張ってくれています。笑

有:ウチも料理は厳しいようですが、他の家事は全般手伝ってくれます。

 共働きでも帰宅時間などによって、家事が女性に偏りがちというデータもありますが、お二人ともご主人が協力的でいいですね。妻の頑張りを見ていると、自然と協力的になるのかな^^♪こちらの頑張りを認めてくれているようで嬉しいですね♪

                                                                                          

Q:ところで「仕事」と「家庭」の気持ちを切り替えるスイッチや、リフレッシュ方法はありますか?

久:読書ですね。作家・宮部みゆきや伊坂幸太郎の小説が好きでよく読みます。

久惠さんマストアイテム 

手前のカードケースには大学身分証が入っています

有:音楽かなぁ・・・ヒーリング系の音楽が好きで、気分転換になります。

有佳さんマストアイテム

 くまさんのキーホルダーはイギリスに旅行した時に買ってきた思い出の品だそうです!

 お二人のスイッチは、ゆったり系ですね♪気持ちが落ち着く感じ^^なんでもいいけれど、スイッチはやはり必要ですよね。だからこそ仕事も頑張れるってものですものね!

Q:休日はどのように過ごしているんですか?

 久:家族で公園や図書館が多いです。息子は富士川クラフトパークがお気に入りなので、よく連れて行きますよ。あと図書館では、車系の絵本が最近のブームなので読んであげます。

 有:私は夫と一緒に出掛けることが多いです。特に計画的に遠出をしているわけでもなく、思いつくまま二人で行動しています。運転手はもっぱら夫なので、とても楽チンです笑。やはり家族や友人といった気の置けない人と一緒にいる事が、休日の一番のリフレッシュ方法です♪

わ~、休日を満喫されている様子が絵に浮かびます!富士川クラフトパーク、私も行きますよ! 思いつくまま二人で行動も素敵!デートですね(o´艸`o)  

Q:さて、ここまでいろいろお話を伺いましたが、最後の質問です。ズバリ今の生活スタイルは充実されていますか?

久:大変ですが、何とかやっていますよ、笑。これも家族や周りの方々の協力を得てできている事だと思い感謝しています。育児や介護の問題は多くの人が直面する問題だと思いますので、育児がひと段落ついたら今度は私がそういう人を支える立場になれれば良いと考えています。

有:私も家事など夫に手伝ってもらう事に正直申し訳ないなぁと思う時もあります。でもお互いを思いやることで今の生活が成り立っているんだと実感しているので、日々感謝の気持ちを伝えるよう心掛けています。

ワーク・ライフ・バランス = 仕事と生活の調和を図ること

今回のお二人の話を伺い、理解あるご家族や周囲のサポートのもと、両立がなされているのだと感じました。結婚しても、出産しても、まだまだ仕事を頑張る女性達を、私達はこれからも応援したいと思います。

お二人とも、どうもありがとうございました!またランチにいらして下さいね♪