50.工学部 鳥山 孝司准教授(続き)

2015-01-15

今月のCoの花さん1月号(Part2)

 「今月のCoの花さん」は、出産・育児・介護といったライフイベントと研究活動を両立してきた諸先輩方や、研究者としてのロールモデルをご紹介するコーナーです。 

◎鳥山 孝司先生のご紹介

所属:大学院医学工学総合研究部 工学領域 山梨大学工学部機械工学科
専門分野:熱工学 (伝熱工学)

前回に引き続き、工学部で熱エネルギーの有効利用に関する研究している、鳥山先生です。今回は研究のお話やご家族との関係についてのお話です。

・先生のご専門は、伝熱工学、熱エネルギーに関する研究なんですね。

はい。効率的な放熱方法や回収した熱の活用による省エネルギー化について研究しています。実際には熱計測技術や数値シミュレーション、解析プログラムの開発なんかが研究活動の大半を占めていますけどね。

・そこで活躍するのが、この暖房兼務のサーバ(サーバの温かさについては前号を参照)ですね(笑)どういう経緯でこの研究をすることになったんですか?

 大学に入ったときは、エンジンに興味があって、燃焼系をやりたいと思っていました。それで熱工学研究室に行ったんですけど、残念ながら燃焼はやってなくて、伝熱をやることになりました。その頃から数値シミュレーションをやり始めました。解析プログラムはそう簡単には出来上がってくれず、期待通りに動かないのが当たり前。試して挑んで修正して、最終的に正常動作したときは涙出るほど嬉しかったりします。そのためにどうしても集中したいときは、稀にですけど、地下の実験室に籠ることもあります。

・実験室が地下にあるんですか?なんだかドラマに出てくるような雰囲気を想像します。雑然としていて、工具や実験装置が散乱していたりしそうなイメージです。

 機械工作もできるようにもなっています。そうそう、この地下室は映画(日韓合作の『あなたを忘れない』、2007年公開)の撮影にも使われました。韓国の大学の部室としての設定でしたね。機械工作の機器や金属材料等は楽器の修理用の道具や材料という扱いです。主人公が「いつも汚くしているな」って作中で言うんですが、(映画の撮影があるから)これでもきれいにした方なんだぞと

 心の中では思っていました(笑)

・後で写真撮らせてもらってもいいですか?

 実は今、断熱装置を作り始めていて、機密事項があるので写真撮影はちょっと・・・なんて、ウソですよ。激しく散らかっているから恥ずかしいだけです(笑)。

 

 (結局、ちゃっかり撮らせていただきました→)

 

・ところで先生は、いつ頃から自分は理系だなって自覚しましたか?

物心つく前からです(笑)。3歳で半田ごて握っていたし、5歳でのこぎり挽いていましたから。小学生の頃に流行ったアニメ「Dr.スランプアラレちゃん」に登場する則巻千兵衛という博士、ご存じですか?普段はただのおっさんなのに、ロボットとか便利アイテムをなんでもちゃちゃっと作ってしまうんです。幼少のころから工具を操る自分としては、そんな博士ってかっこいいなって思えて。もちろんその頃は、自分がまさか本当に博士になるとは思いもしませんでしたけどね(笑)

・3歳で半田ごて?!そりゃぁ筋金入りのメカ屋さんですね!やっぱり家庭に工具が転がっているとメカ屋が育つ!

でも最近は、家で工具を使う機会は減りましたよね。ちょっと前までは、故障した家電品って自分で直せましたけど、近頃は電子制御ばかりで直せる率も減ってしまいました。

・そうなんですよね~。家具なり家電なり、故障を直す父の姿は子どもの目にはかっこよく映ったものでした。時代が変わって、どんな姿がカッコイイ父親なのかは様々ですけど、先生はかなりカッコイイお父さんなのではないですか?

 それはわかりません(笑)ただ、自分なりのルールとして、朝食と夕食は必ず家族でとるようにしています。学生時代から結婚するまで一人暮らしだったので、家事全般一通りできますから、妻が手を怪我したときは、食事の支度や娘の弁当も私が作ったりしています。

・研究も趣味も家庭も、とてもバランスよく充実されているんですね!なんてカッコイイ!

今日はたくさんの楽しいお話をありがとうございました!!

【おまけ】

実は先生が指導する工学部PBLものづくり実習(履修している学生なら、ものづくり工房にある工作機械や3Dプリンタは使い放題!(羨) で、HONDAエコマイレッジチャレンジに挑戦しているんですって!3年目の挑戦で、もてぎ大会グループIII (大学・短大・高専・専門学校生クラス)で優勝!おめでとう!スゴイ! 

*~*~* 推進室からお知らせ *~*~*

いつもお読みいただきありがとうございます♪

推進室では「今月のCoの花さん」へのご意見ご感想をメールにて大募集!

どうぞお気軽にお寄せくださいね~(^^)

→E-mail : conohana@yamanashi.ac.jp