7.生命環境学部 西田継准教授 & ポスドクM氏

2013-04-02

2013年4月号(Part 1)

「今月のCoの花さん」は、出産・育児・介護といったライフイベントと研究活動を両立してきた諸先輩方や、研究者としてのロールモデルをご紹介するコーナーです。

西田 継 准教授のご紹介

<専門分野>環境動態解析(Environmental Dynamics Analysis)

<所属>大学院医学工学総合研究部 国際流域環境研究センター教育担当:生命環境学部 環境科学科、国際流域環境科学特別教育プログラム、博士課程国際流域総合水管理特別コース

今回は、初の男性研究者です!ライフイベント経験者である西田さんと、若き研究者Mさんにインタビューをしました。男性研究者は仕事と家庭、結婚や子育てについてどんな風にお考えなのでしょうか?

●こんにちは!今日は初の男性研究者として、西田さんにお越しいただきました。男性研究者にとって、研究者という仕事、家庭生活との両立などについて、伺えたらと思います。

西田)はい。自分のお話でお役にたつかどうかわかりませんが、可能な範囲でお答えしますので、どうぞ遠慮なく。

●そして、今回は、研究員をされているMさんにもご協力いただきます。Mさんは若き研究員で未婚者であることから、ライフイベントの先輩・後輩というお二方に、仕事とライフイベントについてなど、ホンネをお聞きしたいと思います!

・・・あの、そんなに緊張しなくっても大丈夫ですよ(笑)。

西田)あの、女性研究者じゃないですけど、この部屋に入ってよかったんでしょうか?

M)私も入っていいの?みたいに思っていますが。

●いいんですよ!・・・というか、この部屋の趣旨をちゃんとお伝えできていないんですね。私達の不徳の致すところで、申し訳ないです。

この部屋は、男女関係なく教職員や学生に気軽な交流の場として設けています。もちろん、女性限定の相談受付の場としての役目もあるので、状況に応じて女性onlyとさせてもらうこともありますけど。

西田・M)そうなんですね。少し安心しました(笑)

●さて、ではまず、Mさんに伺います。現在は研究員として梨大に勤務されていて、独身の31歳でいらっしゃいます。ずばり、結婚願望ってありますか?

M)あります!結婚、したいです。家族を持つということに憧れがありますので、とてもしたいと思っています。

●あら。結婚に強い憧れと願望があるってことは、ご予定があるとか?

M)いや、ないです!お付き合いしている方もいません。

●じゃあ、いわゆる「婚活」中ですか?

M)いやいや、今のところあまり積極的に「婚活」はしていません。

●結婚に対する熱い思いとは裏腹に、行動が伴っていないようですが、どうしてでしょう?

M)実は、「結婚」ということについて、モヤモヤがあるんです。

●というと?

M)同世代の友人たちを見て、不思議に感じていることがあります。結婚すると、オーラが変わるんです。うまく言い表せないけど、なんかこう、しっかりするというか、頼もしくなるというか。さらに子供が生まれたりすると、それに輪をかけてずっしりしてくるというか、がっしりしてくるというか。

●ほ~ぅ。だいぶ哲学的で面白い感性ですね。

M)すみません、しばしば変わり者と言われます(笑)。・・・あのオーラの変化って、一体何なのかな、って思っているんです。なんか、漠然と不思議でしかたがないんですが、

●不思議を解消しないと気持ちが悪い、というのは理系のサガでしょうか(笑)・・・西田さんは実際結婚してみて、自分はオーラが変わった、みたいな自覚はありましたか?

西田)う~ん、、、とくに自覚はないけど。ただまあ、一人ではできないことでも二人なら、みたいな、そんな感覚は強く持っています。さらに子供ができれば、子供からもたくさん力をもらって。

M)へ~・・・(興味津々に身を乗り出す)。

西田)結婚してみて実感したんですが、家族ができるっていうのは、それだけ、一人だけでは知り得なかった「きっかけ」とか「気づき」とかを得る機会が増えるってことだな、と。人生を考えるきっかけだったり、自らを省みるきっかけだったり。結婚後に得ることができた「きっかけ」の多くは、独身だったら決して知らなかったことだと思います。

M)そうなんですか。実は私、「自分が発展できる可能性に挑戦する」のが好きなんですが、そういう人間は、結婚した方がいいんですかね。

西田)そうだと思うよ。人生に幅が広がったなぁって、結婚後に感じたことだし。単に経験を重ねるだけなのとは違って、経験により磨きをかけることができるというか。。。こんな自分でも(笑)

M)なるほどなるほど。自分をますます磨けるチャンスが増えるなんて、とっても素敵ですね!なんか、結婚というものについてのモヤモヤが少し晴れた感じがします。

 西田)一応、言っておくけど、結婚についてのモヤモヤが完全に晴れるまで待っていたら、人生終わっちゃうよ。だいたい、モヤモヤのない人生なんてつまらないし。だから、もう本気で彼女探しを始めたら?

 M)ははは。今日の話を伺って、本当にそう思うようになりました。今日を境に、運命の女性探しを行動に移してみようかと。

西田)そのモヤモヤを一緒に晴らしてくれるような女性が見つかることを祈っているからね(笑)

●哲学的なMさんが「結婚」に少し前進できたようでなによりです。ちなみにMさん、女性の好みのタイプってあるんですか?

 M)これは、非常に難しい質問です。・・・うまく言えないんですが、自分をしっかりと持っているというか、筋が通っているというか、人として確立されているような、そんな人の人生を近くで見てみたいし、応援していたいなと思います。

●ほぉぉ。どうも難しい表現ですが、相手を尊重する気持ちがお強いんではないでしょうか。

「私のことじゃん」とピンときた独身女性がいらっしゃったら、立候補してください!(すみません、冗談です。本HPでは彼女さん募集はしません)

では次回は、もう少し現実的なお話を聞いてみたいと思います。お楽しみに!