9.梨大OG 金丸香さん

2013-05-01

2013年5月号(Part 1)

「今月のCoの花さん」は、出産・育児・介護といったライフイベントと研究活動を両立してきた諸先輩方や、研究者としてのロールモデルをご紹介するコーナーです。

今回は、初の梨大OGのご紹介です!

工学部土木環境学科卒業後、株式会社早野組にてご活躍の金丸さん。

結婚、出産を経て仕事を続けていらっしゃいます。

土木建設系の企業で頑張っていらっしゃる女性ということで、さぞやたくましくてがっしりした方だろうと勝手に(^^;)想像していたのですが、現れたのは小柄で線が細くパンツスーツをさらりと着こなすとても可愛らしい女性。

あれ?人違い?!・・・いやいや、実はなかなかのリケジョでした(笑)

◎金丸 香さんのご紹介

<出身>山梨大学工学部土木環境工学科

<所属>株式会社早野組 営業企画積算部

●さっそくですが、理系女子っていまだに少数なのですが、金丸さんはどうして理系に進学しようと思ったのですか?

 得意科目が数学だったので・・・というか、逆に文系科目が苦手なので、必然的に理系になりました。

 今でも文系科目への苦手意識は拭いきれずにいます(汗)

●意外とそういうリケジョ、多いですよね(笑)。でも、数ある学科のうちなぜ土木環境工学科に?

 実は姉が土木環境工学科に在籍していたので、自然と興味を持ちました。

●いざ土木環境工学科に入ってみて、どうでした? 女子学生少なかったでしょう?

 120人中7人いました。でも特に「自分は少数派だ~」というネガティブな感じは全くありませんでした。

自分自身を“女子”として意識していない、というか、“女子扱いされたい”とは思っていないというか・・・理系の女子って、意外とそんな感じじゃないですか?

●そうなんですよね~。実は私もリケジョだったのですごくよくわかります!

傍目からはどうもマイノリティ=マイナスイメージな感じで見られがちですけど、実際の当事者たちはそんなもんかと思って特別なにがどうマイナスってこともないんですよねぇ。 よく「モテるでしょ~」とか言われませんか?

 言われます!でも実際は、友達とか同志とかいった感じで、特別に恋愛対象になんかならいんですよね~。

●そうそう!男女がいれば必ず恋愛に発展するってぇわけでもないんですよね~~~

(・・・と、しばらく“リケジョあるある”で盛り上がりましたが、長くなるのでこの辺でやめておきます(笑))

●ところで、サークルなどに入っていましたか?

 バイオリンを弾いてみたかったので山梨大学管弦楽団に入部していました。

 それまでバイオリンの経験ゼロでしたが、かなり練習して弾けるようになって嬉しかったです。

 大きな声では言えませんが、この活動のためだけに大学に行っていた時期も(笑)

 ・・・おかけでとても充実した学生生活を送りました。

●その後、就職活動の頃になって、志望はどういう方面を考えましたか?

 学科では環境工学を専攻していたのですが、やっぱり「ものづくり」をする仕事をしてみたい、と思うようになり、今の会社へ就職することに決めました。

●建築”系”ならまだしも、建設”業”というと、女性にとってはまだまだ狭き門だったのではないですか?

 実は、入社してみたら土木部の専門職で女性は私が初めてでした。

 私のチャレンジというより、女性を採用した会社のチャレンジですよね(笑)

 土木部で始めは積算に携わっていましたが、その後土木の現場へ配属され、下水道処理場の新築工事、中央道の道路改良工事、新山梨環状道路の橋梁上部工事と3つの現場を経験しました。

「地域に根ざした総合建設業として社会基盤整備に貢献することにより、社是「和」の下に、社員を始めとする全ての関係者の幸せを達成する」を経営理念に掲げる株式会社早野組は、創業から125年の歴史ある企業です。

学生時代は充実していた金丸さん。次回は就職後の経験をご紹介します。お楽しみに!