31.梨大OG 箭本奈美さん

2014-04-01

今月のCoの花さん 4月号(Part1)

 「今月のCoの花さん」は、出産・育児・介護といったライフイベントと研究活動を両立してきた諸先輩方や、研究者としてのロールモデルをご紹介するコーナーです。

今回は、梨大工学部コンピュータ・メディア工学科(現在のコンピュータ理工学科の前身)のOG、箭本奈美さんです。昨年秋のホームカミングデーでお会いしたIT系ステキ先輩。実は、平成26年3月1日に山梨県男女共同参画推進センター・ぴゅあ総合で開催した「リケ女集まれ!理系女子の未来を語ろう」というイベントにロールモデルとしてご参加いただいたんですよ♪

◎箭本奈美さんのご紹介

出身:山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科(現在のコンピュータ理工学科の前身)

所属: 株式会社YSK e-com 民需システム事業部 第一ソリューション部

○「リケ女集まれ!」へのご協力、本当にありがとうございました!中学生や高校生の目にはきっと「わ~ステキなお姉さんっ」と映っていたのではないかと思います(^^)。

  こちらこそありがとうございました。あまり人前でお話するのは得意ではないのでちょっと緊張しました。女子中高生とお話するのは大学で家庭教師のバイトをしていたとき以来で、話、通じるかな~と心配だったのですが、なかなか楽しかったです。時間があれば、もっとくだけた話もしたかったですね。

○現在は株式会社YSK e-comにお勤めということで、職場はコンピュータ系スペシャリストばかりで構成される精鋭集団なのだろうと勝手に想像していました。箭本さんご自身もコンピュータ・メディア工学科卒ですし。でも実は、必ずしもそうでもないって本当ですか?

  そうなんです。技術大学卒はもとより、法学部卒や教育系学部、経済学部や音楽大学卒の人までいるんですよ。面白いでしょう?

○え~音大出身者もいるんですか!驚きです。いったい、どうして・・・?

  私達の仕事は、必ずしもコンピュータに精通しているだけでは成立しないんですよ。例えばシステム開発という部門のお客様は、教育関連の塾かもしれない、経済関連の雑誌編集社かもしれない、音楽関連の楽器販売店かもしれない・・・。お客様の業種や業界は多岐に渡っているんです。ですからニーズを正しくちゃんと理解するために、偏った人材構成にならないようにしているんです。

○なるほど~!それにしても、本当に専門学校や大学で専門知識を勉強していない人でもコンピュータのお仕事ってできるんでしょうか?

  はい、大丈夫です(笑)。社内でちゃんと教育制度を整えてありますし、入社後に研修しながら適正をみて配属が決まるので怖がらなくて大丈夫なんですよ。エンジニアにとって本当に大切なのは・・・これは私自身がすごく実感していることなんですが・・・「コンピュータ系の知識」よりもむしろ「コミュニケーション能力」なんです。知識はあとからいくらでも勉強できるし、必要な知識であればあるほどどんどん上達できるけど、コミュニケーション能力はそう簡単に身に就くものでもないので。

○知識よりもコミュニケーション能力が大事、とは納得しました。もしかしたらどんなお仕事にも共通することかもしれませんね。ところで社員の男女比はどのくらいですか?

  社員195名中、女性が40名です。平均年齢も30代なこともあって、女性の育児休業取得率は100%なんですよ。YSK e-comでは今、特に女性社員の育成に力を入れていて、平成25年度から「ウーマン委員会」という委員会も発足しました。女性社員の女性視点での社内環境の改善や地域への貢献を目的としていて、ワーク・ライフ・バランスを推進や外部イベントへの参加・協賛を通じた地域貢献を積極的に行っています。今回の「リケ女集まれ!」への参加も社長が「どんどんやって!」と大賛成してくれたんですよ。

○そうだったんですか!大変ありがたいです♪今後も何か一緒にできたら楽しいですね!

  実は、コンピュータ・メディア学科卒じゃないけどIT系に進んだ、という女子社員もいるんですよ。次回はぜひ彼女を紹介できたらいいかなって思っています。IT系の職業って、特に中学生や高校生にはちょっと地味に映るのかもしれませんが、今回をきっかけに少しでも多くの人に興味を持ってもらえたら嬉しいです!

○中学生でも高校生でもないですが、私が興味津々です(笑)社員に対する配慮がしっかりしている会社とお見受けしましたが、箭本さん自身のワーク・ライフ・バランスはいかがですか?

  バランスは良いと思います。私は2年程前に結婚したんですが夫婦で仕事をしているので、家事は分担制です。お互い得意な方、もしくは苦手な方を相手に譲ったら、自然にうまく分担できました。ちなみに料理は私の担当です・・・それほど凝った料理を作るわけではないんですけど。「冬は鍋!夏はそうめん!」が基本ですから(笑)でも今、目標に掲げているのは「魚の三枚おろし」をできるようになることです。

○おお、確かに魚を三枚におろせたらすごいですね(私はできません^^;)向上意欲が素晴らしい!魚をさばくほかに、今後の目標はありますか?

  そうですね。仕事上のことですけど、これまでは主にプロジェクトチームの一員としてプログラミングをやってきたんですが、年数を重ねるにつれ、そのプロジェクトチームをマネジメントする側になってきました。ですので、これからはチームマネージャーとしてプロジェクトを成功させていけるようになりたいなと考えています。

○素晴らしいですね。近頃社会で話題になっている「女性上級職の増加」を求める動きにも呼応するようで、とってもカッコイイ!ぜひ頑張ってくださいね♪

 

 次回は箭本さんの理系進学のころのことや大学生活などに迫ります!お楽しみに!