54.生命環境学部の甲府LOVE!な彼女はCoの花ファン♪(続)

2015-01-13

前回に引き続き、生命環境学部地域食物科学科1年のMさんにインタビュー!

「山梨は田舎でなんにもないよ~」という前評判に反して「そうでもないじゃん!」と思ったというMさん。地元山梨県民としては嬉しい感想ではありますが・・・

・ほかの学生さんには、「甲府とか大学周辺って何にもない!」って言われたことが多々あるんだけど^^;、甲府は “何にもない” ことない、とは?

 実は私、ラッキーだったんです。というのも、入学早々にサークル勧誘がありますよね?あの時にNPDL(山梨・甲府のまちづくりや景観などのプロジェクトに関って日々活動をしている学生の団体)に出会ったんです。 それでもう4月12日(日まではっきり覚えてる♪)には「まちづくり女子会×お花見」っていう企画に参加したんです。その時に甲府周辺のお洒落な飲食店や、コーヒーの美味しいカフェとか、たくさん教えてもらったんです。 それ以来、「甲府の街、とってもいいじゃん!」って思って。今振り返ると、入学早々に甲府の街の魅力を教えてもらえたのがホントにラッキーでした。

・NPDLといえば、当支援室の交流スペースを活用いただいた企画もありましたね、レポートもしてもらいました♪ その記事がこちら→ http://www.conohana.yamanashi.ac.jp/h24-h26/1122

NPDLはもともと土木環境工学科の石井先生のラボが起源だと聞いているので、所属するのも土木の学生だけかと思っていたけど・・・・・・あ!そういえば「受験での志望学科は土木・建築系か、栄養・食物系」って言ってたんだった(前回を参照!)

 そうなんですよ~!食物系に進学はしましたけど、街づくりとか景観とかにも興味があったので、サークル勧誘のときに飛びついちゃったんです♪ メンバーには工学部以外の学生も多くいるんですよ。出身高校から梨大に来たのは私だけなので、ちょっと不安もあったんですけど、4月早々にNPDLに出会えたおかげで寂しい思いをする間もなく、甲府を楽しんでいます。それに月に一度の「まちづくり女子会」は企画も担当させてもらたりして、本当にすっごく楽しいです!

(写真は、2014年10月に開催した学生主催の甲府市イベント「学生発!一日で甲府を好きになる。」の参加証。中高生と街歩きしてすっごく楽しかったんだって!)

・そうかぁ。楽しそうだねぇ~(若いっていいねぇ・・・なんて老けたことを言いそうになった筆者、ぐっっとこらえてみた)サークル活動を通して甲府の街散策にすっかりはまっている様子ですが、お勉強の方はちゃんとやっていますか?

 はい。大丈夫(^^) 授業も全般的に面白いですよ。もともと目指していた栄養とか食物のこともちゃんと勉強できています。そしてワイン科学研究センターは、「The Labo」って感じでカッコイイですよ(^^) この夏は葡萄農園で実習があって、ジベレリン処理とか蔓の誘因とかの作業がありました。汗だくになったりもしましたが、自然と触れ合う時間はとっても好きです♪

・ジベ処理をやったとは、お疲れ様!山梨ならではの作業だよね。

 そうですね。でも実は、前期の頃はちょっと迷いもありました。入学後に改めてワインコースのカリキュラムとかを眺めてみたら、今後4年もしくは6年間、ワインのことばっかり勉強しなきゃならないの?って思えて。まだ入学したばかりだし、将来ワインに関わる仕事に就きたいのかどうかまったくわからない状態なのに、このままみっちりワイン科学漬けだったら、正直ちょっといやだなぁって感じてしまったことがあったんです。でも先輩に相談したら「無理にワイン好きになる必要なんてないよ。まずは目の前の課題や実習を楽しく学んで、焦らず自分のやりたいことを見つけていくつもりで取り組んだら?」ってアドバイスもらって。おかげで気負わずに過ごしていいんだなって思えるようになりました。

・素晴らしいアドバイス♪ 確かに、ワイン科学コースは全国的にみても珍しい分、特別な想いや目的意識を持って進学してくる人もいるかもしれないけど、必ずしもそれに縛られる必要はないよね。特に大学生の頃は、たくさんアンテナを増やすことに専念してもいいかもしれない。いずれそれらが自分の“引き出し”になるからね。(と、ちょっと大人ぶってみる)

 引き出しが多い人」って響き、イイですね!ちょっと憧れます♪ 私もそうなれるよう頑張りますね!

 ・では最後に、これから梨大を受験しようかな~どうしようかな~って思っている高校生にぜひメッセージを!

 梨大は、県外の学生が結構多くて、一人暮らしが多いのでお互いの文化交流が面白いですよ。方言が入り乱れるのも、なんか大学ならではかなって感じます。一日の寒暖差、一年を通じての寒暖差にさえ耐えられれば、甲府は本当にいい所です♪ それなりに田舎な感じもあり、でも東京からも近い。住むのにもいい所だと思います。また甲府の街を変えようと、他大学も含めた多くの学生や大人が奮闘中です。その影響もあって、甲府の街も少しずつですが、変わろうとしています。更にはリニア新幹線の開通に向けて県全体の街づくりが進められています。そんな「甲府の変革期」を体感できるって面白いと思いませんか?だから、ぜひ、甲府のまちを見においで!って伝えたいです。 甲府の街は“さびれてる”とか“何もない”とか言われがちだけど、それは自分の目と足で探していないだけなんです!とっても素敵なお店がいっぱいあって、一人でも気軽に入れてゆっくりできるお店がたくさんあるんです!だから、一人でも多くの人に教えてあげたいです。このインタビューをきっかけに入学してくれる後輩がいたら、ぜひぜひ私が案内してあげたいです♪

・甲府へのLOVEが止まらないMさん、ありがとうございました!

来年の春、何人の学生が「Mさんに会いたいんですけどぉ!」って支援室(※)のドアを叩いてくれるか、楽しみです♪ (※:2015年1月から、男女共同参画推進室という名前に変わりました!お間違えのないようご来室くださいね!)

*~*~* 推進室からお知らせ *~*~*

いつもお読みいただきありがとうございます♪

推進室では「イマドキ!大学生」へのご意見ご感想をメールにて大募集!

どうぞお気軽にお寄せくださいね~(^^) →E-mail : conohana@yamanashi.ac.jp