キャリア形成科目の開講

理系女性のキャリア形成

卒業生ら理工系出身者の講演から、将来の活躍のイメージやワークライフバランス、男女共同参画について学びます。
先輩技術者、研究者らの経験や、出産・育児に携わる医師等の講義から、生涯設計の中に位置づけた職業人としての自分自身の将来像を描き、進路選択や卒業・修了後のキャリアの形成と継続に役立つ多様な職業観・人生観を学び、よりよい未来をともに考えることが目的です。

女性の進出が遅れている科学技術分野では専門的なキャリアの参考となる身近な先輩や同僚の大半が男性であり、健康、育児、転勤などのライフイベントにおいて1人で悩む女性が少なくありません。
多様な選択肢、価値観、支援策の存在を知り、将来さまざまな段階で予想される問題に適切に対処できる強靭で柔軟な知を涵養します。

全学生対象です。

ワーク・ライフ・バランス特論

大学院共通講義として、「ワーク・ライフ・バランス特論」を平成25年度より開講しています。
履修者による講師招聘など、企画力、交渉力、キャリア形成意識向上の特徴ある教育プログラムを開発します。

【平成25年度のようす】
  ・イマドキ!大学生 14.『ワーク・ライフ・バランス特論』を覗く!
  ・ WLB学生企画講演会 告知!
  ・ WLB学生企画講演会 報告!
  ・ イマドキ!大学生 19.WLB学生企画講演会報告 / 20. 報告(続)

【平成26年度のようす】
  ・ 平成26年度WLB特論「学生企画講演会」報告
  ・Coの花の集い on the Web  20. 平成26年度WLB特論「学生企画講演会」報告☆