39.工学部応用化学科で、物理を勉強する理由とは?

2014-05-22

今回は、工学部応用化学科の仲良し女子三人組にインタビュー!実は3人とも山梨県外の出身で、大学受験で初めて山梨県に足を踏み入れたんだって。

 

・みんなの出身を教えてくれる?

 

Gさん:私は岐阜県。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさん:私は静岡県。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nさん:私は長野県。


 

 

 

 

 

 

 

 

・みんなバラバラなんだね。どうして山梨大学に進学しようと思ったの?

 Gさん:私はもともと薬学系とかバイオ系とか、そういった方面の仕事に就きたい、と思っていたので。でも薬学部だと私にはちょぉ~っとハードルが高かった(汗)。それで高校の先生に相談したら、梨大の応用化学科には薬学やバイオ系に絡んだ研究をしている先生がいるよ、と教えてもらったのがきっかけでした。

Sさん:私は中学から理数教科が好きで、理学部とか工学部とかが選択肢に挙げていました。ただ、私はあまり都会的な場所とか、人混みとか、そういうのが苦手な性格で・・・それで進路指導の先生が梨大を紹介してくれました。学部も少ないし、キャンパスの雰囲気も地元の大きい公園とあまり差がない感じ(笑)が私には合っている感じで良かったな~と思っています。

Nさん:私は高校時代にスポーツに思いっきり没頭していて。実はスポーツ推薦での進学という選択肢もあったんですが、その競技で将来設計することができず・・・トップアスリートになれるほどの実力ではないよなって。それで改めて考えた時、面白い!と思えることが多いのが理科科目だった。そして学力診断で挙げられた選択肢のうち、長野から近かったのが山梨大学だった、ということでした。

 

・みんな、いろんな経緯でここに集まったんだね(^^) 山梨県の第一印象は?

Nさん:長野の山寄り地域に住んでいた私としては、県庁所在地ってきっと栄えているに違いない、と思っていたんだけど・・・期待は裏切られたって感じ?(笑)

Gさん:そうそう!特に甲府駅の北側って、店とか少ないよね~。

Sさん:そもそも、山梨ってどんなに高い場所に行っても、海が見えない!

Sさん以外:そりゃ~仕方ないでしょ~ (海なし県民全員で静岡県民に総ツッコミ)

 

 

Nさん:長野県だと、信州大学は学部別に広大なキャンパスが県内にあちこちに散らばっていて、「国立大学」って、そういうもんだって思って育ったんだよね。だから「甲府キャンパスって、こんな狭いの?」ってちょっと驚いた。

 

  

 

Gさん:キャンパスも狭いし、なにより一般道の道幅が狭いな~て思った。まあその狭い感じは嫌いじゃないんだけど。

 

Sさん:そう、道が狭い!受験前に車で武田通りを通過しながら、「どうやらこれがメイン道路らしいよ」って言われた時には、ものすご~く驚いた。だって静岡の主要道路って言ったら片側3車線だもん(笑)。でもそんな都会的じゃないところが好き♪

Gさん:あと、意外と富士山が見えない。

Nさん:あ~確かにね。山梨といえば富士山、みたいな期待もまた裏切られたって感じ?  

Sさん:静岡ではたいていどこからでも北側に富士山があるから、迷子になりにくかったのに、甲府にいると、富士山って南にあるんだよね(笑)。しかも頭の方しか見えないでしょ?これに慣れるまでは、ホントにへんな感じだったな~。

  


 

 

 

甲府キャンパスのY号館から見える富士山は

こんな感じ

 

 

 

・(この後もしばらく“県外生あるある話”で盛り上がりました(^^))それで、応用化学科という学科に入っての感想は?

Gさん:新入生ガイダンスで、大学院修士課程までの6年間カリキュラムですって説明があったんですよね。実は入るまで知らなかったんだけど。他大学でも化学系の学科はそういうところが多いみたい。基礎知識から実践力まで習得するにはどうしても6年かかるってことらしい。

Nさん:そうそう。最終的に活躍できるフィールドで頑張れる人材を育成するためには修士課程2年間は必要だ、という説明だったよね。

Sさん:化学を応用まで発展させる、それが「応用化学」だもんね。私達はみんな修士課程へいくつもりでいます。

   

・そうなんだ~。修士の先に、就職とか将来についてはどんな風に考えている?

Gさん:私は地元に戻ってバイオ系の企業への就職を考えています。

Nさん:私もやっぱり地元に戻れたらいいかなとは思っています。分析とかができるような仕事に就けたらいいな、と。

Sさん:私は公共研究所みたいなところで研究職に就きたいと思っています。

   

・みんな具体的に将来を考え始めているんだね。頼もしい限り♪ そんな応用化学科ってどんな勉強しているのかは次回のお楽しみに!