56.医学部で心臓の血管システムを研究するベトナムからの留学生(続き)

2015-02-10

前回に引き続き、インタビューに答えてくれたのは人間環境医工学専攻生体環境学コースの博士課程2年生SI(シー)君。医学部キャンパスの学生さんです。

平日は仕事や研究にお忙しく過ごされているようですが、リラックス&リフレッシュ方法って(д‘)

 ・実際に、そんなに忙しいと思っていませんよ。時にたくさんの仕事が一度に重なる事もありますが、そんな時には音楽を聞いたり、日本語などの外国語の勉強をしてリフレッシュしています。それと、写真撮影が趣味なのでデジタル一眼レフカメラを買いました。かなりの高性能なんですが、私の撮影技術が追い付いていないので良い写真が撮れていません。医学の実験をすること以上に難しいです()。山梨や日本の他の美しい地域が私を待っているので、もっと練習するつもりです。

SI君の腕前☆素晴らしい

ご自身もパシャリ! 

 

 

 

 

     わぉ!スキーは楽しめましたか? 

 それと私にとって

一番大切なのは日本の友人達です。中島さんというホストファミリーとの出会いから、森澤さん・安藤さんなど、たくさんのご家族に恵まれました。お陰でだいたい月に2回ほど、いろいろな活動に招待してもらっています。ときには遠くの観光地に連れて行ってもらうこともあります。山梨に来てわずか一年以内で富士山周辺の有名なスポットのほとんどを訪れる事ができた私は、大変レアな存在と言えるでしょう。彼らと話したりその子供たちと遊んだりすることが一番好きです。

 ホームステイ先と日本の友人たちのお子さんと☆

山梨大学国際交流室センターのホームステイプログラムに参加し、日本人のご家庭にホームステイを経験されたそうですね。

 ・はい、そこで出会ったご家族です。日本の家庭はとても素晴らしいです。非常に親しみやすくホームステイの学生達を丁寧にもてなしてくれます。私自身、彼らの家族の一員として過ごせていると感じています。本当の日本の生活を学ぶ良い機会であると思い、他のベトナム人学生達にもこのプログラムを勧めていますよ。

 

 

 

 

 

 

 ホームステイ期間が終わった今もなお、ホストファミリーやその親戚と素敵なお付き合いが続いているようですね(*^-)

ところでSI君の将来の夢って?

・3年課程のコース修了後はベトナムの職場に戻り、大学教授となり結婚して幸せな家庭を持つつもりです。また、今、私が勉強している全ての事を自分の学生達に教えたいと強く思っています。

うんうん(*´v*)いつでも誰とでも朗らかな優しい笑顔で接してくれるSI君は、学生から頼りにされる先生になるでしょうし、素敵なご結婚もされると思いますよ☆

では最後に、今後入学を考えている後輩たちにアドバイスをお願いします!

・将来山梨大学に来る留学生たちのみなさん。山梨大学はあなたが勉強するには素晴らしい所です。この大学は良い成績を得るために、最適な環境を提供するでしょう。必要なのは、みなさんの大きな努力と勤勉のみです。特に地元の人たちと親密になることに時間をかけて下さい。そうすればあなたの生活は一層素晴らしいものになるでしょう。

 

 実直でとても律儀な彼は「誠実」という言葉がピッタリ☆

やわらかい笑顔と物腰で一つ一つの質問に丁寧に答えてくれた姿は、これから素晴らしいドクターに成長される事を確信させてくれました。ホストファミリーとは誕生日やお正月を一緒に過ごしたり、ご家族のお子さんの運動会や行事にもMY一眼レフカメラを持って一緒に参加されるとか (*≧∀ノ[]家族の一員という感じで、日本の文化をより間近に感じられていますね♪

残りの留学期間を、研究に、ホストファミリーとの交友に、日本をエンジョイして下さいね♪

SI君、どうもありがとうございました!!

 

*~*~* 推進室からお知らせ *~*~*

いつもお読みいただきありがとうございます♪ 

推進室では「イマドキ!大学生」へのご意見ご感想をメールにて大募集!

どうぞお気軽にお寄せくださいね~(^^) →E-mail : conohana@yamanashi.ac.jp