1.学業もバイトもバンド活動も! 梨大ステキ女子大生にインタビュー

2012-12-25

大学受験を直前に控えた高校生のための応援企画!
山梨大学の在学生にキャンパスライフの紹介や応援メッセージをもらい、受験生にエールを送ります。
今が追い込み!
毎日大変だと思いますが是非乗り越えてください。
梨大キャンパスで皆さんをお待ちしています!  

今回インタビューに答えてくれたのは、 医学工学総合教育部 国際流域環境科学特別教育プログラム 修士課程 1年のAさん。
軽音楽部所属、好きな音楽ジャンルはロックというだけあって、エンジニアブーツをおしゃれに履きこなしていた彼女は、話を聞けば聞く程素敵な一面が見られる、とっても魅力的な女性でした。
さて、そんな彼女の梨大ライフを聞いてみましょう!

Q:軽音楽部に所属しているんですね。活動はどうですか?

A:バンドは高校の時に始めて、大学でもやりたくて軽音楽部に入りました。もう本当にメッチャ楽しいです。
軽音の仲間とはすごく仲が良くて、いつも一緒にいる感じ。
学園祭でもライブをしたんですよ。
その打ち上げも盛り上がったし、とにかく仲間としゃべるのが楽しいですね。
車を持っている子もいるので、軽音仲間とはドライブとか旅行もよくします。
県内だと清里とか河口湖、あとは長野とか静岡にも行きます。
というか、仲間の実家訪問的な^^すごく面白いです。

Q:バイトもしてるんですよね?

A:はい、してますよ。
家の近所のコンビニでバイトしてます。週に3~4回ですかね。お小遣い稼ぎに。

Q:そのお小遣いの使い道は?

A:もっぱらファッション関係につぎ込んでしまいます。
高校までは制服だけど、大学は私服ですからねぇ。
大学だから県外生も多いじゃないですか。おしゃれなコが多くて『負けられなーい!』って。

Q:身に着けている小物も可愛くて目が行きます。お買い物はどこで?

A:ショッピングは大体新宿ですね。
可愛いものが多くて時間が経つのがあっという間。
可愛いものをゲットすると、また頑張ろうって気分がアガります。

Q:その時計がとっても可愛くて目を引きます。それも戦利品ですか?

A:そうなんです。これも最近買ったんですよ。
可愛いですか??^^ そう言ってもらえるとすんごく嬉しいですね。

Q:そんなおしゃれ好きなAさん。どんな勉強をしているんですか?

A:一言で簡単に言うと、土砂災害を防ぐための研究をしています。
梨大には、気象用X-バンド二重偏波ドップラーレーダーという気象レーダーがあるんですね。
これは県下で唯一ここにあります! すごいですよね?^^ レーダーの写真
このレーダーで、雨雲中に分布する粒の大きさとか形状とか、その不揃い具合を推定することができるんです。 この雨粒の情報を用いて、精度の高い降水量を推定する・・・という感じで。で、降水を観測したら、豪雨の構造とか形成過程なんかを解析していきます。
そうすることで防災や減災の計画を行っていくんです。
必要でとても役に立つ情報だし、奥が深くて面白いんです。

Q:そもそもどうして理系に進んだのですか?

A:実は高校の時、山梨大学の土木環境工学科の先生が『出前授業』をしてくれていたんです。
毎週末に高校に来てくれて、その授業を受けていました。
そしたらその授業が面白くて、自然と「もっと勉強したい!」って思うようになっていましたね。
土木の勉強で気象も学べるっていうのも驚きだったし。
なので、実は高校1年で既に進路を決めていたんですよ。

Q:ということは、今、希望通りの進路に進んでいるという事ですか?

A:そうなんです。だから毎日楽しくて仕方ないですね。
その『出前授業』がきっかけで工学部の土木環境工学科に入学して、土木の勉強から気象の勉強もして、そしたら土砂災害を意識するようになって。視野がだんだん広がっていきました。
今は修士課程なので研究で忙しいですが、でも研究ってとても面白いし、大学1年~4年生の時の講義も楽しかったですよ。
でも正直、1年の時は高校の延長という感じです。物理や生物、英語も数学も、基礎学力をみっちりします。
高校の時の勉強って大事だったんだなぁと。ホント大変だったんですよぉ(泣)。
2年生の時からは専門的な講義が増えて、3年になると実験が多くなって面白さも増しましたね。
大学1年は辛抱の時期です。

さて、
気になる続きはまた次回!
大学での研究や大学生の実態(!?)、今後の夢についてお伺いします。
お楽しみに!