32.生命環境学部に文系学科がある?!経済と語学への理解を深める彼女が目指すもの(続)

2014-02-07

引き続き、生命環境学部地域社会システム学科2年のSさんへのインタビューをご紹介!
彼氏は、、、イギリス人?!

‐‐生命環境学部地域社会システム学科‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

このコースは、経済運営、企業経営、行政運営に関わる理論的知識と実践力をバランスよく身に着けた人材を育成することを基本理念としています。徹底した少人数教育で、社会経営に関連の深い経済学、経営学、法律学、政治学をしっかり習得し、さらに、数学的手法や調査手法を習得し、地域の持続的発展に向けて社会をマネージメントしていける人材育成を目指します。

※実験・実習・演習系の授業を重視し、全学科の学生が農場でのフィールドワークを中心とした専門基礎科目「生物資源実習」を履修。他学科の専門発展科目も履修できる特徴的なカリキュラムが組まれています。 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

●お付き合いをしている彼はイギリス人ですって? 

●そうなんです。留学する前にFBでやり取りをしていた相手が、実は今の彼なんです。私が英国に留学した時に初めて会ったんですが、それをきっかけにお付き合いが始まりました。文化の違いで困ったというような出来事はまだありませんが、気づかされる点は色々ありますね。例えば、日本では、言わなくても察するという事が美徳とされている風習がありますが、彼の感覚でいうと、わかってほしいことは言葉でちゃんと言わなきゃ、と。あとは、やっぱり日本の歴史にも興味があるようでよく聞かれたり、私にとっては当然の事を疑問に思ったりするので、日本を改めて振り返れたり、物事を見る視点が良い意味で変わってきたように感じます。

 

●チューターもしているんですってね。 

●今年の10月から留学してきたドイツ人留学生のチューターをしています。約1年間、留学生が日本や学校での生活に困らないようにサポートしてあげる役割です。授業の履修方法や銀行口座を開設するお手伝いをしましたが、口座開設の時の手続きで、『「平成」って何?』と聞かれたんですね。留学生からの質問て、自分が「当り前」で意識していない事が多くてハッとさせられます(笑)自分自身にも勉強になるから、とてもやりがいがあります。

  

●就職活動も考えて、インターンシップも経験したそうですね。 

●今は金融にも興味がわいてきて、その方向を視野に入れています。インターンシップは、2年生の夏に労働局で経験しました。1週間程ですが、簡単な業務をさせてもらったりハローワークを見学したり。課題をこなせば単位認定もされます。今度は民間企業でも経験したいし、外資系にも挑戦したいって思っています。学内に「キャリアセンター」があるので、そこで相談しています。

  

●英語サークルにも参加しているんですよね。 

●将来の事も考えて、特に英語力をもっと伸ばそうと思っています。大学の「ESS」という英会話サークルがあるので、それに参加しています。留学生達と英語で交流したりイベントに参加したり。アメリカ、ガーナ、オーストラリア、ドイツなどの留学生が参加しています。それから、「NICE」というサークルにも参加していて、ここでは週2回、ランチ時間に集まって英語で交流しています。どちらもとても活気があって楽しいし、何より英語の勉強って声に出して話すことが大事なのでとても役に立っています。
あと、インターネットで海外のニュースを見たり、個人的にライティングの練習もしています。ライティングは彼がチェックしてくれるので、とてもありがたいですね。

 

 

自分のやりたいこと、そのために今すべきこと、それらをちゃんと考えて、且つ行動に移すYさん。きっと、素敵な未来が待っている事間違いなしです。
これからも頑張ってください & 彼と仲良くね!