県内女子中高生対象「サイエンスガールの未来を語ろう!」-報告

2015-02-18

平成27年2月14日(土)に、山梨県男女共同参画推進センター「ぴゅあ総合」で開催した「サイエンスガールの未来を語ろう!」というイベントの報告です。

【イベント名】「サイエンスガールの未来を語ろう!」

【会場】山梨県立男女共同参画推進センター・ぴゅあ総合 中研修室

【参加数】県内女子中学生8名とその保護者・引率者4名

 

 実は、昨年に続いて2回目の開催です。

(昨年の報告はコチラ → http://www.conohana.yamanashi.ac.jp/news/920

 理系女子、サイエンスガールは割合的に見てもまだ少数派。特に工学分野は女子率の低さが目立ちます。それって、何故? 魅力や楽しさを知る機会がないだけなんじゃないかしら?・・・そんな思いから、「理系に進むってどういうことなのか」というお話を女子中高生に聞いてもらう機会を設けました。

 

 梨大生命環境学部の山下助教から「ポジティブに理系選択~広がる世界は無限大?!」と題した基調講演と、現役女子大学生から生命分野・土木分野・機械/電気分野の魅力をプレゼンしました。その後はフリートークタイム。好きな科目、気になる分野などについてトークを楽しみました♪

 

 全力の告知広報と当日の飴ちゃんをたくさんご用意いただいたぴゅあ総合の皆さま、本当にありがとうございました!

 なお、当日の様子などを含め、山下先生や協力してくれた大学生たちの奮闘記は「イマドキ!大学生」のコーナーで紹介しますので、お楽しみに!