ワーク・ライフ・バランス特論開講!

2013-01-17

 
平成25年度からの開講を目指していたワーク・ライフ・バランス特論の開講が承認されました。

大学を卒業後の職業選択を行うに際し、仕事の充実感を得ながらも豊かな個人生活との両立を図ること(ワーク・ライフ・バランス)の意味を深く考えることがテーマです。

 

授業の概要

本講義では、受講者自身のワーク・ライフ・バランスに対する思考を深めるために、まず外部講師の講義を複数回受講します。
その後、グループのメンバーとの議論から、関心や興味に基づいたテーマを設定して講演会を企画し、講師との交渉などを行って実際に講演会を開催します。

講演会の開催までの一連のグループワークを通して、企画力、コミュニケーション能力、交渉力、コーディネーション能力を醸成することを目的とし、またそれに必要なスキル(マインドマップの作成方法など)の修得も、一つの目標です。

 

授業計画

第1回 本講義の狙いと進め方の説明

第2回 外部講師の講義聴講(外部講師1)

第3回 外部講師の講義聴講(外部講師2)

第4回 外部講師の講義聴講(外部講師3)

第5回 外部講師の講義聴講(外部講師4)

第6回 講演会企画案の作成演習1

第7回 講演会企画案の作成演習2

第8回 講演会企画案の作成演習3

第9回 講演会企画案の発表(プレゼンテーション)

第10回 外部講師の講義聴講(外部講師5)

第11回 講演会実施案の作成演習

第12回 講演会実施案の発表

第13回 講演会実施準備演習

第14回 講演会

第15回 企画に対する振り返りとまとめ(プレゼンテーション)

 

受講対象

本学大学院学生

*なお、修了要件に含まれない科目のため、開講時間帯を前期金曜Ⅴ限に設定していますが、外部講師等の都合により講義時間帯が変動する可能性がありますので、御了解ください。履修者との調整を計画しています。

また、本特論は、全学共通教育科目「理系女性のキャリア形成」と連動しています。